ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

神戸北野の裏山,城山(瀧山城址)・市章山

神戸の街を夜に歩くと気付くのは,北の山腹に大文字焼きの如く見える市章と錨のマーク.午後から用事があるので午前中だけでサッと山行しようと思い選んだのがこの山,その名もズバリ市章山だ.新神戸駅の真北にある城山とミニミニ縦走だ.


c0218468_1962191.jpg

新幹線の新神戸駅の下をくぐり,布引の滝を目指す途中で左に上がる階段が城山の入り口だ.


c0218468_1983923.jpg

布引の滝方面は賑やかだがコチラは人はまばら,遠くに新幹線の駅のアナウンスを聞きながら高度を上げていく.


c0218468_1974389.jpg

山頂が近づくと大きな石が散見される.ここはかつて山城があった場所らしい.


c0218468_1992510.jpg

山頂にある瀧山城址の石碑.なんでもルーツは鎌倉時代末期らしく,戦国時代末期に解体されたらしい.
ここから更に西に二本松という峠の方面に進み,途中から南下して車道沿いの道を市章山を目指して進む.


c0218468_19112131.jpg

市章山,というか市章のすぐ上の部分に到着.三宮の街が一望できる.
急斜面に南向きに作られており,市章自体は柵で囲われている.ライトアップの設備も良く見える.


c0218468_19134944.jpg

市章から少し下ると今度は錨のマークが現れる.少し下って振り返ると錨の形がよく分かる.


c0218468_19163113.jpg

錨山からは北野の異人館街に下山する.少し見物してから帰路についた.


新幹線の駅からすぐ.静かで景色もよく下山したらすぐ観光地,六甲らしさを凝縮したようなコースだ.
[PR]
by trail_walker | 2013-01-20 19:18 | 山行
<< 六甲1/3縦走 鵯越から六甲最... 六甲・長峰山から掬星台,青谷 >>