ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

播磨 笠形山

去年の初夏に県の中西部,播磨にある千ヶ峰に登った.田園地帯と,その間に屏風のように立つ山々が魅力的なエリアだ.そんな中に,千ヶ峰と稜線を同じくする笠形山に今回は登ることにした.

ログはヤマレコ

神戸電鉄粟生線の終点粟生からJR加古川線に乗り換え,西脇市駅で降りる.駅の脇の道には御輿を担ぐ子供たちが.このあとバスから何度も神輿の列を見た.米の収穫期でもあるこの時期,この辺り一帯が祭りなのかな.
c0218468_1938833.jpg


終点の大屋バス停で降りる.こちらのバス停の前の神社ものぼりを上げて祭りの準備.
c0218468_19394430.jpg


バス停からキャンプ場の前を通り,林道を詰めていく.9月の台風直撃の影響で林道が数カ所崩落していた.アスファルト舗装を足で小突くとポンポンと鳴る.下は空洞だ.
c0218468_19401689.jpg


林道終点から登山道に入る.
しばらくして現れたのは「勝負滝」というナメ状の滝が現れる.地質の関係だろう,こうしたナメが多い.
c0218468_19413417.jpg


それから川沿いにしばらく登ると次の滝,龍ヶ滝という美しい滝が現れた.滝コースと言う名前もうなずける.
c0218468_19454825.jpg


一部の種類の木は葉が色づいていた.でも殆どの木は夏を名残惜しむように緑色だ.
c0218468_19471379.jpg


謎の実.モンキーバナナのような大きさと質感だが何だかわからない.紐で囲ってあるし何か珍しいものなのだろう.
[追記]ツチアケビという種類だそうです(ヤマレコでコメントいただきました)
c0218468_19483037.jpg


急登を詰めて千ヶ峰へ続く稜線へと出て,更に山頂へと急登を進む.笠形というだけあって,しっかり最後までコンスタントに勾配が続き,そしてヒョイと小さな山頂に出る.山頂にはあずま屋があり,先着の登山客が沢山いた.久々にストーブを出して温かいものを食べ,少し無線をやってのんびりする.天気がよく空気も爽やかで昼寝でもしたい陽気だ.
西側の麓からは祭りのお囃子が聞こえる.あちこちでお祭りだ.
c0218468_19492387.jpg


下山を開始.暫く笠の急坂を下り,稜線から西に逸れる分岐を辿る.しばらく気持ちのいい水平歩道があり,その後一気に下る.ところどころ,木階段が整備されている.
c0218468_19512562.jpg


この道はグリーンエコー笠形というスポーツ施設とキャンプ場があるような場所に降りる.その施設から登る人のためか,よく整備されている.道標も多い.
c0218468_19541162.jpg


登山道はグリーンエコー笠形のキャンプ場に飛び出た.テレビ付きの立派なキャビンが並ぶ.
c0218468_19551548.jpg


グリーンエコー笠形からは播但線の新野という駅まで黄金色に色づいた田園地帯を抜けてバスで行く.このバスからもやっぱりお祭りの神輿が見えた.

笠形山と千ヶ峰の稜線はちゃんと縦走路があるようだがピークからピークまで9時間ほどかかるらしい.一度行ってみたい気もする.
[PR]
by trail_walker | 2011-10-09 20:02 | 山行
<< 東海自然歩道 第5回 (京都 ... 六甲山系 高取山(神撫山) >>