ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

REI Chrysalis UL

愛用している赤いAktoは非自立式で,軽くて居住空間,特に前室が広く非常に良いテントだ.ただし,通気性はまあまあ.蒸し暑いというほどではないが,夏用にもっと涼しい自立式テントを,円高の追い風もあり購入し,早速白山で使用した.
山で,というか土や砂利の上で使う場合は非自立式でも不便は殆ど感じたことはなかったが,大石ばかりの涸沢で少し不便だった.また,あまり機会はないがアスファルト(道の駅や駐車場など)やウッドデッキ(気の利いたテン場にたまに設置してある)など盤上に張る場合はかなり難しいことになるので,一つは自立式を持っていたいという思いもあった.
購入したのはREIのChrysalis ULというテント,購入時はアウトレットで90ドル弱であり,送料込みで1万円ちょっとだった.日本で1万円でテントを買おうとするとまともな選択肢はない.名前は蛹の意味,なるほどそんな形だ.
色は薄いグリーン,極めて自然に馴染んだ色で,遠くから見ても見分けにくい.
c0218468_16493934.jpg


インナーはこんな感じ.入り口,天頂部,奥の妻面にメッシュがある.
c0218468_16494560.jpg


重量は公称値で約1.6kg.フレームがやや多いからか,少しだけ重い.
モンベルのムーンライトのような屋根型テントとドームテントの中間のような構造で,3股のジョイントが棟の両端にある.完全なつり下げ式で,インナーテントに付いているプラ製のフックを引っ掛けていく.

平面図.写真ではわかりにくいが非対称平面だ.Aktoも内部は非対称だが,非対称平面はテント内のレイアウトが明確になるため,荷物を置く場所がまとまって取れる.また,普通のドームテントだと前室は靴を置いたら終わり,という狭いものが多いが,非対称テントは概して前室が広く取れるという利点もある.このテントも前室に靴と80Lのザックを置くことが出来た.
c0218468_1649315.png


白山では夕方と夜半にスコールに襲われたが特に漏れは見られなかった.結露はインナーには見られず,アウターの内面に見られた.

モンベルムーンライトは3型を持っているが,設置のしやすさや居住性など重量以外の点で非常に良いテントだ.このテントもムーンライトのそのあたりの利点を兼ね備えつつ,ムーンライトよりずっと軽い.また,非対称という一見キワモノだが,しかし意外と合理的な形状で使いやすく,意外とおすすめなテントだ.
[PR]
by trail_walker | 2011-08-15 17:16 | 山道具(宿泊)
<< 東海自然歩道 第4回 (京都 ... 白山(2日目:8/7) >>