ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

雪丘工房 タブオイルランタン

注文したのは2月の後半,この前,遂に届いた.
UCOのマイクロランタンを買ったが,やっぱり蝋燭よりはオイルランプのほうが便利だなぁと思っていた.じつはこのマイクロランタンのブログを書いた直後に溶けた蝋をぶちまけて掃除が大変だった.雪丘工房さんのランプインサートがあることは以前から知っていたのだが,しばらく悩んでから注文していた.

当初は2ヶ月くらい掛かるということだったが1ヶ月あまりで届いた.手作りで量産品ではないうえ,注文が多くて時間がかかるようだ.
指輪用のケースに入ったオイルランタンは指輪に負けないくらいキラキラと綺麗だ.金属加工については自分はやったことがないので詳しくないが,とても精度がよく仕上げもすごく丁寧で工芸品の域である.
c0218468_22594823.jpg


カップ状のものはケースと漏斗を兼ねている.芯部分はネジのキャップが付いていて,そのネジと漏斗のネジが合うようになっている.このネジも気持いくらいビシッと精度良く決っている.
c0218468_2345188.jpg


そして,マイクロランタンの中へ.蝋燭よりもちょっとだけ背が高いので火の位置が蓋に近いが,問題はなさそうだ.本体より中の方がはるかに加工精度も良く綺麗だ.
c0218468_2365424.jpg


これをオーダーしたときは,まさか届くまでの間に大震災が起こるなんて思っていなかったが,期せずして防災用品としても役立つランプが一つ増えた.被災地では灯油やガソリンが不足しているが,それ以外のホワイトガソリンやガスカートリッジなどはましてや手に入りにくいようだし,おそらくタブキャンドルも手に入りにくいだろう.その中で,どちらかと言えば手に入りやすい灯油が使えるランプはそういう時にも役立ってくれそうだ.実際,停電区域である関東の実家では自分が実家において行ったハリケーンランタンに灯油を入れて使っているようだ.
本当は被災地や停電区域のオーダーを先に回してもらっても良かったんだが,先に雪丘さんにメールしておけばよかったかなぁ.
[PR]
by trail_walker | 2011-04-01 23:17 | 山道具(燃焼)
<< アマチュア無線用ハンディ機:A... カメラ用水準器(ホットシューカ... >>