ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

高精度気象用レーダ:XバンドMPレーダ

先日,気象関連の研究者の講演を聞く機会があり,XバンドMPレーダというものを使用した気象観測について発表があった.家に帰って調べてみると,これはすでに国交省河川局により試験運用が始まってるようだ.
従来の気象レーダは,雨に当たって返ってきた電波の振幅(強さ)のみを使って,その観測により得られたデータをある評価式に入れて計算することで雨量を推定しているようだ.だが,この評価式はもはや古典レベルのものであり,ばらつきが大きいのでアメダスの観測データを使って補正する必要がある.そして,アメダスによる補正した結果が解析雨量として公開されている.メッシュ状の詳細な予報でずいぶんと重宝しており,洗濯物をしまうタイミングや職場から自転車で帰るタイミングを見計らったり,昨年の立山山行の際はテン場で携帯電話の電波が入ったのでレーダー画像を見ながら撤収のタイミングを見計らったりした.

この従来の解析雨量にもいくつか不便な点があった.まず,レーダ自信は当然かなりの頻度で観測をしているのだが,アメダスの方は30分に1回であるため,解析雨量の発表も30分に1回になってしまうそうだ.また,レーダから見て,大雨の降っている場所の裏にあたる場所ついては影になってしまい正確な観測ができないようだ.これでは,短時間に一気に局所的に発生するゲリラ豪雨には対応しきれない.

ところが,XバンドMPレーダを使った観測ではこれらの問題が解決されるそうだ.MPレーダでは2つの偏波(光で言うところの偏光)を同時に発射し,振幅と位相の両方を観測することで一度により多くの種類の情報(MPはマルチパラメータの略)を得ることができ,更にこれを新しい評価式に当てはめることで,より精度の高い雨量の評価が出来るそうだ.そのため,アメダスによる補正が不要となり,かなりの高頻度で観測結果を発表できるそうだ.レーダにより評価した雨量と実際の観測雨量の関係のグラフを見せてもらったが,ばらつきが従来の1〜2割程度にまで減っている様に見えた.また,大雨の地域の裏が良く見えないという問題も解消されているらしい.さらにメッシュの面積も細かくなる(解像度が上がる)ようだ.

国交省が河川管理の為に自分で使うデータを試験公開するのと,気象庁が正式に国民に向けて発表するのではかなりの責任の差があるだろうし,MPレーダーがスタンダードになるのにはまだまだ実績が足りないのだろうが,今後が楽しみだ.
「山では,観天望気と天気図が基本だ」と言われてしまいそうだが,この手のデータを山の中でどこでも見られるようになれば良いんだけどなぁ.テレビのデジタル化で帯域を空ける恩恵がこういう所にも来ればいいのだが...
[PR]
by trail_walker | 2011-03-04 21:21 | 雑感
<< 雪の氷ノ山,避難小屋泊(その1) 合格通知 >>