ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

Equinox の Pileus Ultralite Rain Hat

ついに待ちに待った国際便が今日届いた.
発送メールからちょうど2週間だ.USPSのファーストクラスなんとかで送った,となっていたので,きっと早く来るんだろうなと思っていたが,調べてみたら一番安くて遅い配送方法のようだ(手渡しではなくポスト投函).ちなみに住所は県などを「Hyogo Prefecture」と英語で書かず「Hyogo-Ken」とローマ字で書いたほうが日本の郵便の人も分かりやすいかと思ってそうしている(本当は漢字で書きたいところだが,向こうのパソコンが日本語に対応していなくて文字化けしてもまずいので止している).
c0218468_2222259.jpg


ところで,パタのフーディーニに代表されるような撥水素材の軽量なジャケットやシャツレインパンツなど,ウインドジャケットやウインドシャツ,ウインドパンツと呼ばれるようなウエアが注目されている.ゴアテックスウエアの広まりで影が薄くなった感のある,いわゆる「ウインドブレーカー」が,軽量で強力な撥水性とともに復活したという格好だ.「準レインウエア」とでも言うべき位置づけか.
実際使ってみると,ゴアテックスより軽いし嵩張らないし蒸れにくい.もしかしたら降るかもしれないから持っていく,とか,ちょっと暑い日で雨が降ったり止んだり,のような時にはなかなか使いやすい.

一方で,自分はレインハットが好きでときどき使っている.レインウエアのフードと比べて,視界が広くて(とくに振り向いたとき),音がよく聞こえ,なにより圧迫感がないのが良い.もちろん風雨の岩稜では鍔が風で煽られるので良くないが,森林限界以下であれば叩きつけるような雨でない限りレインハットで充分に雨は防げる.

さてそこで思った,「ウインドジャケットのような,ゴア系の素材でない薄くて軽量な撥水レインハットがないものか?」
レインハットは市場に沢山あるがゴア系のものばかり,自分が使っているORのレインハットはしっかりと裏地まで付いていて春から秋までの季節は結構蒸れる.また雨の止み間にはサッとポケットに仕舞えるようなペラペラな物がいい.それにウインドシャツやウインドジャケットにはフードがないものもあるが,これを雨の日に着るときは頭はどうするのかな,という疑問もあった.

それでさんざん探し回った.コロンビアのレイエスハットは耐久撥水加工のハットでパッカブルを謳っているが,意外と厚手,なんだか違う.モンベルのU.L.フィールドキャップは,かなり良い線を行っているがハットではなくキャップだ.タイベックかなにかで首周りにヒラヒラでも縫い付けようかとも思ったが止めた.しかもモンベル自身,単なる軽い帽子という風にしか思っておらずレインキャップの代替という意識は全くない感じだ.

で,結局は海外のサイトまで調べて,ようやくいいものを1つだけ見つけた.ウルトラライトギアで有名なEQUINOXのPileus Ultralite Rain Hatだ.米アマゾンにもマーケットプレイスで出品があったが日本に発送不可,結局はBARGOのオンラインストアで買った.ちなみに,日本でも最近良く見るEQUINOXだが,この帽子を扱っているお店はひとつも見つけられなかった.安いし送料も同じだったし,予備にと思って2つ注文した.販売サイトには色を選ぶ項目がなく,載っていた写真は深緑色だったが,勝手に青と黒が送られてきた(なかなかいい色でよかったけど).
c0218468_22454292.jpg


素材は「1.1 ounce silicone impregnated ripstop nylon(シリコンを浸透させたリップストップナイロン)」.シルナイロンと同じかな.重量は37g.MADE IN THE USA.
裏地はなく,あごひもは縫いつけてある.鍔には薄いビニールシートのようなものがバックアップ材として入っているだけなので,ぺちゃんこに仕舞える.
c0218468_2334443.jpg


サイズはおなじXLを頼んだのだが(自分は頭がでかい),両方とも頭はいちおう入ったが,被ってみると微妙にサイズが違う.まあ,こんなもんか.タグも違うのが付いているしロッドが違うんだろうな.
帽子をかぶっていて頭が蒸れる季節ではなくなってしまったので,フィールドテストも難しくなったが,機会があれば使用感をまた書きたいと思う.
[PR]
by trail_walker | 2010-11-29 23:46 | 山道具(衣料・靴)
<< Montrail の Moun... 東海自然歩道 第2回 (大阪 ... >>