ブログトップ

山道歩き

trailwalk.exblog.jp

予備衣類一式袋

山中泊のときも毎日全部着替えるわけでもないし,衣類の予備は少ししか持っていかない.しかし,濡れた衣類は時として脅威になりうるし,日帰り山行でも乾いた衣類をある程度持っていく必要がある.だいたい持っていくものも決まっているので,ファーストエイドキットのように一式をセットにして,土砂降りでも濡らさないように防水袋に入れて持ち歩くようにしている.

c0218468_1771436.jpg


基本的な構成は以下のような感じ(下の写真の右上から反時計回りに).

防水袋:グラナイトギアの口を巻いて閉められるやつ(右上の黄色)
ズボン:化繊の薄くて嵩張らないもの.
シャツ:化繊の長袖Tシャツ.
タオル:マイクロファイバーで吸水性に優れるもの.
手拭い:通常のもの.
パンツ:化繊の下着.
くつ下:ニッカーホース(ウール),インナーの五本指(シルクorメリノ).
羽毛服:夏場はモンベル薄いインナーダウンジャケット(オレンジ色),冬場は中厚のダウンジャケット(NANGA)とダウンパンツ(NANGA).
レインウエア,ソフトシェルなどは別途.
c0218468_1772163.jpg


宿泊数に応じて数量は増えるが,日帰りでも深山に行く場合はこれ+ツェルト(or ビヴィーザック)を持っていくことが多い.

衛生上の問題というよりも,ひどく濡れた場合などの為に肌に触れる衣類は全交換できるようにしている.パンツ(下着)も,バックパックのヒップベルトのせいでよく汗で濡れるが,濡れると腰が冷えるので宿泊地に着いたら早めに履き替えている.ズボンは履き替えながら山を歩くわけではないが,濡れてしまうと結構体が冷えるので予備を持って行く.それに帰りの電車のために泥で汚れたズボンを着替えるのにも良いし,山で転んでズボンのおしりの所が破けた,なんてことになっても大丈夫だ.

くつ下の濡れは足のトラブルを誘発するので必ず持っていく.最近,くつ下はニッカーホースを使い始めたのだが,膝まで被るので膝を冷やさず良い.少し前まで,ニッカーホースは神保町のグリーンライフ以外ではあまり売っていなかった気がする.しかし先日神戸三宮の石井に行ったら,女性用のウエアのところに派手なシマシマのくつ下と共に置いてあったので買った(最近は山ガールが履くのかな?自分は足が小さめなので24〜26で大丈夫).

先日の山行では雨が降りだしたがすぐ止むだろうと思い,レインパンツを履くのが遅れズボンを濡らしてしまった.歩いている間は全然寒くないのだが,換えのズボンを忘れてしまったのもあり寝るときに寒くて困った.
そのときはズボンを脱いで,ニッカーホースをめいっぱい上げて寝袋に入っていれば大丈夫だった.ニッカーホースにすることで足先だけでなく脚全体の保温に役立ってくれる.

タオルおよび手拭いはもちろん雨や汗,テントの結露などを拭くのに使うのだが,帰りに温泉に寄るときにも便利だ.このマイクロファイバーのタオルはこの小さいサイズでも全身を拭ける.

羽毛服は休憩中の防寒や寝袋の保温性の補助として使う.また,寝袋を持たない管理小屋泊まりや日帰り山行では,ビバークするとなると防寒は衣類だけが頼りだ.羽毛服の上下は役に立ってくれるはず.

衣類に関して,何を着て行くか,どういうレイヤリングで行くかというのはよく議論になのだが,みんなは何をザックに入れていくのかな?いろいろ迷ったが最近はこんな感じで落ち着いた.
[PR]
by trail_walker | 2010-10-16 17:22 | 山道具(衣料・靴)
<< 須磨アルプス 1周年 >>